純銀NEMの『透け七宝』を見直してver2を開発

2018年から製造を続けていた純銀NEMの製造を終了しました。

純銀NEMは、ネムのロゴを日本の職人技である「七宝焼き」で表現することにこだわった記念コイン です。

このたび 七宝の部分の透かしをこだわり、和柄がより美しく浮かび上がる様に製造工程を見直しました。

仕上げは勲章のように手間をかけて、墨研ぎし、七宝2盛り・3盛りまでしてから研ぎ、研磨、仕上げを行います。

「純銀NEM ver2」として今月末からBASEで注文を受付開始する予定です。

七宝焼きがおわったところです。

さきほど なんと公式からリツイート!

 

また磨きの試験をおこないました。

 

またTwitterで進捗をご報告いたします。

 

SAKAMOTO製のリアルコインまとめ!

 

純銀NEM ver2 仕様

材質純銀 (SILVER 99.9%)
直径30mm
厚み約1.8mm
仕上げ両面サンドブラスト・両面凸磨き・表3色 透け七宝・ロジウム仕上げ
価格未定
ネットストア(URL)BASEに4月末掲載
納期約1週間
備考こちらのコインは造幣局の刻印は入りません。
ケース紺色ビロードケース

 

 

過去の記事一覧

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

「純銀NEMの『透け七宝』を見直してver2を開発」への2件のフィードバック

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください