社章の作成費用について

→オリジナルコイン 記念メダルの作成費用についてはこちら

 

社章の製作 の費用は、基本的に 金型代加工賃(単価 ×コインの枚数)の合計できまります。そのほかにオプションでサンプル代やケース代がかかります。

 

製作費用 = 型代  + 加工賃

 

1. 型代について

社章は基本的には表面のみのデザインですので表型代がかかります。(裏面に文字などが入る場合は裏型代がかかる)

金型代は 社章 のサイズやデザイン・彫り方によって決まってきます。以下の表は目安の金額です。

また社章の形が丸以外の場合、たとえば四角の場合は、金型代のほかに抜き型代という周りを切り落とすための型が必要となります。

 

社章の金型代(目安)

四角の社章の場合平彫りの場合肉彫りの場合
金型代25000−35000円30000−70000円
抜き型代10000−20000円

 

2. 加工賃について

社章作成に関する加工賃には、材料代・製造・磨きメッキなどが含まれます。

社章のサイズ・仕上げ内容・枚数などで変わりますので、問い合わせフォームやお電話でお問い合わせください。

 

社章製作の加工賃(目安)

四角の社章を100個製作する場合

社章 の 仕上げ製作単価
金メッキ社章850−1000円
銀メッキ社章850−1000円
いぶし社章850−900円
色入れ社章900−1200円

 

3. その他にかかる費用

上記以外にかかる費用について。

 

社章のサンプル代

弊社のサンプル作成は量産するときと同じものを作ります。金型をつくってからサンプルを作ります。そのため金型代サンプル代がかかります。

サンプル作成はオプションですので省略することが可能です。その場合は、金型を粘土もしくは鉛に打ったものをお客様のほうで校了いただいてから量産を開始いたします。

 

社章のケース

社章をいれるケース代がかかります。プラケース・ビロードケース・桐箱など。

 

コインの見積もり(例)

こちらのお見積もりは1例で 製作物のデザイン・仕様によって変わりますのでご注意ください。

四角社章・金メッキ・100個・プラケース入りの場合

金型代  表型のみ 28000円
抜き型代 15000円 
社章製造代 単価 900円(サンドブラスト+金メッキ仕上げ)
プラケース 単価 60円
サンプル代 1組 8000円

 

 

社章の製作に関するページはこちら

 

以上、オリジナル製作に関する費用についてご説明いたしました。

このようなオリジナルの製造が初めてのかたは、わからない点もおおいと思いますので、まずはお気軽にお問い合わせフォーマットからご相談ください!

これまでの製造実績をもとにデザインや仕様についてもご提案させていただきます。

 

 

 

社章製作の専門サイト「BADGE MAKERS (バッジメイカーズ)」をスタート

株式会社SAKAMOTOの新しい社章専門のWEBサイト「BADGE MAKERS(バッジメイカーズ)」をスタートしました。

BADGE MAKERS(バッジメイカーズ)のコンセプトは「よみがえれ、かっこいい社章

昔から徽章の世界で継がれている「金型・プレス・磨き」でつくるクラシックで高級な社章づくりで、本物志向のかっこいい社章をプロデュースしていきます。

これまでも社章のページは用意しておりましたが、より専門的に、よりお客様の製作のサポートになるように、独立した社章専門のサイトにしていきたいと考えています。(まだ作り立てなので少しずつ内容を充実さ)

社章のデザインやどのように作られていくか、仕上げの違いでどのように見え方が変わるかなど、掘り下げてご紹介いたします。また製作実績なども少しずつ足していきます。

こちらの公式サイトでも新しいBADGE MAKERSからお問い合わせいただいても、製作のサポート内容は変わりませんので、そこはご安心ください。

それではどうぞよろしくお願いいたします。坂本。

 

ブログランキング

社章の金型について

よい金型からよい社章がうまれる

社章を製作するためになぜ金型が必要なの?

新規のお客さんからときどき聞かれる質問は、「小ロットなのに社章の金型は必要でしょうか?

つまり、金型代をかけないでコストをおさえたい、ということなのですが。

結論としては、金型をつくれば良い社章が作れます。つまり高級な社章は「金型でプレスして研磨するもの」といっても過言ではありません。

そもそも金型というのは、表面や裏面の模様をだすために作られます。

金型があることで量産のときのスピードが上がり、品質も安定します。そのため社章やメダルを作る場合は、基本的に金型が必要です。

社章・認定バッジの 作成

 

金型をプレスして美しい模様をだす

社章やバッジを製作するうえで、製造方法はいくつか存在します。

ひとつは前述したプレスで、金型をのうえに金属の板をセットしてプレスして模様をだします。もうひとつはキャスト・鋳造と呼ばれるもので、金属を型に流し込んで整形するものです。

どちらもメリット・デメリットがありますが、高級な社章を製造する場合は「プレス」で製造することが答えになります。

なぜプレスなのかというと、

プレスというのは金属を50−100トンという大きな力で上からたたきます。その過程で金属の板は固くしまり、表面の模様は角がぴしっとでた美しい模様が浮かび上がります。(逆にぴしっと模様がでないと、私たちは「角がだれてる」などと表現します。

また高級品か否かを見極める要素に磨きの美しさがありますが、プレスされたものは一流の職人が磨くと最高の品物になります。キャストのものは金属のなかに空気の気泡が混ざりやすく、磨きでそれがでてしまうため、徹底的に磨くことが難しくなります。

以上、すこし専門的な話になっていましたが、良い社章には「金型」が必要だよ、というお話でした。

 

会社の顔になる誇り高い社章の製作はこちらをご確認くださいませ!

 

 

ブログランキング

起業したらかっこいい社章をつくろう

えっ?起業されたんですか?

おめでとうございます  ( ^ ^ )/

起業したら準備することがたくさんありますね。

法人名・屋号を決めて、印鑑をつくって、ロゴをきめて、各種書類をそろえて…etc

屋号とロゴができたら、いっしょにぜひ社章もつくることをおすすめします。

「社章?いまどき社章とか古いよね?」

いえ、そんなことありません。弊社では新しいIT企業の社章の製作案件が増えております。

実際に社員証と比べても、金属製の社章は光輝いていてかっこいいですし、スーツやジャケットにつけておしゃれに着こなすこともできます。

社章が廃止?社章は日本独自のかっこいい文化

 

 

社章をつけて歩けばあなたが企業の顔になる

たくさんの女性が社会で活躍していますから、ピンクゴールドをつかった女性向けの社章の案件なども増えています。

社章をスーツにつけて歩けば、あなたは堂々と企業の顔として社会でふるまうことになります。

これからあなたの会社を従業員を表にアピールしていくためにも企業のブランディングとしてもパワーがあるアイテムです。

 

社章のデザインができないけどどうしよう?

企業ロゴやいれたい文字などあればメールで送ってください。

わたしのほうでいくつかデザインをつくっていっしょに決めましょう。

どういう色にしたらいいか、仕上げなどについても予算の範囲でご提案します。

 

中小企業・フリーランスも小ロットから社章を

社章を5−10個など少ない個数でつくれるのかな?

または1個だけでもつくれるのかな?

結論として作れます。

1個だけでも金型代がかかりますので割高に感じるかもしれません。初期費用はかかりますが、その効果を考えてみれば、かけるべき経費かもしれません。

 

心機一転、あたらしいスタートを踏み切りました。おめでとうございます!

 

詳しくは社章の製作ページをご覧ください。

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

かっこいい社章を作成するための11の方法

創業5周年を記念に新しい社章を作りたい。

新規上場、社名を変更するタイミングで社章をリニューアルしたい!新しく社内資格制度を立ち上げたから「認定バッジ」を作りたい。でもどんなバッジにすればよいのだろう?

社章は社員みなが胸につける企業の顔になるバッジです。どうしたら身につけて誇らしい社章になるか?安っぽい社章に見られないか?社章を作る上で見直したい点をまとめました。

 

その社章、大きすぎない?

社章はスーツの左襟(フラワーホール)に付けますが、社章があまり大きいとピンバッジをつけているみたいで少しかっこ悪いです。あまり小さすぎると全くデザインが見えなくなるかもしれませんが、気持ち小さめくらいのほうが社章としては品がよいのではないでしょうか。これまで製作した社章は、だいたい直径12−15ミリくらいにおさまるものが多いです。

 

デザインが複雑すぎないか?

社章に企業ロゴや会社名や数字などいろいろ入れたくなります。しかし社章はサイズが小さいのでたくさん詰め込みすぎると、離れて見たときどんなデザインか分からなくなります。企業ロゴがある場合は、それをメインにある程度シンプルにするのも重要です。

 

裏の金具どうする?

社章の裏金具はいろんな種類があり、一般的なのはタイタックピンやネジ式のものです。どちらも穴に通してから止めるものなので、女性社員が多い企業など、洋服に穴を空けたくないとという要望が増えてマグネットを希望されるかたが多いです。

最近の磁石は強力で頼もしいですが、その強力さゆえにバッジから剥がれてしまったり、マグネットは落とすと割れやすいです。そのためあまりおすすめできません。長くつかっていただく社章ですので裏をタイピンのようにはさみこむ金具もあります。

 

金や銀でシンプルかつ上品な社章に。

ロゴ部分を磨きで輝かせて金もしくは銀でメッキコーティングする社章はシンプルですが、遠くからでもピカッと光りかっこよいです。先日、電車で会社の部長や役員クラスのかたが座っていました。ビシッとしたスーツを着ているのですが、社章がシールで正直そこだけ安っぽく感じました。磨きで勝負している金や銀のバッジのほうが似合うのにな。

 

色を入れるならどんな種類がある?

もちろん色を入れる社章もたくさんあります。うちの会社はオレンジがテーマカラーだから入れたい。

色はメッキしたバッジの上にさらにラッカー塗装やエポキシ樹脂でコーティングします。

「研ぎエポ」と呼ばれる色入れの方法がきれいに色がはいるため社章製作では好まれています。

 

伝統的な技法でうんちくを語れ

社章や徽章は歴史が長いため今では聞かない用語がいくつかあります。

例えば「ダムシン」は社章のロゴの周りをつや消しの黒でコーティングする技法です。金・銀はつや消しの黒との相性がとてもよいため、このダムシン仕上げが長年人気です。もともとは漆の焼き付けてつや消しの黒を出していました。「うちの社章ダムシンだから渋いだろ?」

ダムシンのバッジ見本はこちら

 

「七宝焼き」も差別化できるポイント

七宝焼きは日本の伝統的な色入れの方法で、七宝の釉薬を焼き付けて美しい色を表現します。半分透けて中がうっすら見える「半透け」の七宝は、つくれる製作所がすくなくなっており貴重になっています。社章を七宝焼きで仕上げて芸術性をプラス。

 

キラキラさせるスワロ社章

社章の周りにぐるっと小さなスワロフスキーをいれてキラキラさせれば爽やかさがアップします。社員が若い会社や女性社員が多い会社はスワロフスキーなどの石入れもあり!でも入れすぎると男性社員が嫌がるかも。。女性向けの認定バッジには適しているでしょう!

 

部長は星2つ、役員は星3つ、社長は星4つ?

型は同じでも材質を銀や金にかえて役員向けにはグレードの高い社章に変えたり、階級があがるごとに星の数を増やしたりする方法があります。資格の認定バッジも上の資格に合格すれば星が増えていく。あなたの社章は星いくつ?

 

裏に「純銀」の刻印がはいってる?

社章の裏をみて「純銀」や「SILVER」の刻印が入ってたら、おめでとうございます。いい会社に入りましたね!そういうわけではないのですが、社章を純銀でしっかりつくってるので本物志向の会社です。

 

シールや印刷は安っぽくなりやすい

シールや印刷にすればデザインを細かく表現できますが印刷なので平面的で立体感がありません。どうしても安っぽく見えたりします。やはりいい社章は金型でプレスして腕のいい職人でしっかり磨けていること。この条件がそろえば社章は安っぽくなりません。

 

メイ・ドイン・ジャパン・日本製の社章を

ある程度数がまとまれば海外でつくらせれば安く上がる。そのとおりですが社章は日本独自の文化 。日本製の社章で「うちの社章は日本の腕のいい職人がつくっているからね!」といってください。

 

よみがえれ、かっこいい社章

 

社章の製作ページはこちら↓

株式会社SAKAMOTOのオリジナル社章

 


製造業 ブログランキングへ